グループ会社である株式会社タマサービス(クリーニング アニカ運営)は、

環境保全の一環である、CO2排出量削減に向けた取り組みの一環として、

2023年9月より、東京都青梅市の本社工場社屋へ最大約100kw/hを発電する

太陽光発電設備を導入し、電力の一部を太陽光発電による再生可能エネルギーへ

切り替えました。

発電したエネルギーは、すべて自家消費を目的としており、工場内消費だけでなく、

業務で使用する電気自動車への充電にも利用し、クリーンで再生可能なエネルギーを

活用しております。

太陽光発電設備以外にも使用電力量がわかるシステムを導入し、「電気使用量の

見える化」を実現し、環境保全と節電に取り組んでおります。

 

再エネ設備情報及び省エネルギー対策の取組内容の公表資料

□設備概要

94.5kWの太陽光発電システムで、年間想定発電電力量は108,544kWhを見込んでいる。
年間予測CO2削減量は50.992tを見込んでいる。

設備詳細
設備メーカー型式出力/容量数量
太陽電池モジュールネクストエナジー・アンド・リソース株式会社NER120M375D-MCL375W252枚
パワーコンディショナー華為技術日本株式会社SUN2000-50KTL-JPMO50kW2台

□導入場所

東京都青梅市今井3-3-11
株式会社タマサービス 本社屋上

□導入目的

発電した電力の全量を自家消費し、電気使用量及びCO2排出量を削減する。

□その他の事業者の再エネ設備導入の参考になる情報

社屋のスペースを有効活用して、電力使用によるコストを削減しながら脱炭素経営に取り組むことができ、気候変動対策に貢献できた。

□省エネルギー対策の取組内容

デマンド計測装置を設置し、デマンド監視を行っている。
社員と連携を図り省エネ意識向上の徹底。不要な電力を可能な限り削減。